器と切子ガラスのお店「結」
京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1
店舗のご紹介

亀甲うるし中鉢

透明なガラスに表面にカットを入れ、内側に漆を塗って加工した珍しい作品です。
亀の甲羅をイメージした切子を施し、縁起のいいデザインとなっています。
漆の濃淡が表面に出て、趣のある表情になっています。

桐箱有り 沖谷京子氏
大阪府たくみ工房で高橋太久美氏に切子技術を師事
2004年 京都府亀岡市にて工房 開設、2007年 大阪市立クラフトパーク指導員勤務
2001年、2004年、2007年 グラスクラフト トリエンナーレ入選

作家
沖谷 京子
商品サイズ
直径11.5僉濆發8cm
品番
OK-007
在庫数
1個
販売価格
38,000円(税込41,800円)
購入数

この商品に関するお問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

このページの先頭に戻る