器と切子ガラスのお店「結」
京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1
店舗のご紹介

水色被アンバー硝子花器「清流」

アンバーにブルーを被せた生地に、切子とサンドブラストでデザインをした作品です。 真っ直ぐなラインは水の流れを表し、膨らみを帯びた形は全体を柔らかい印象を与えた、色味とデザインがとても涼しげな花器です。

※サンドブラストとは、細かい粒子の砂をガラスの表面に吹き付けて模様を表現する技術です。

桐箱有り

井住哲司氏
1997年 サンドブラストガラス工芸を始める
1998年 IMSガラス工房を開設
1999年 サンドブラスト作家 明氏に師事
切子作家 橋太久美氏に師事 2001年〜 大阪工芸展入選
2002年〜 新美工芸会展入選
2002年 伊丹国際クラフト展入選
2002、2004年 西脇サムホール大賞展入選
2003年 朝日現代クラフト展入選
2004、2005、2008年 日本伝統工芸近畿展入選
2007年 伝統工芸諸工芸部会展入選
2010年 大阪工芸「平松賞」  新美工芸会展「大阪府知事賞」
2011年 第58回日本伝統工芸展入選
2012年 新美工芸会展「読売テレビ賞」
大阪工芸協会会員 新美工芸会会員 日本工芸会会員

作家
井住 哲司
商品サイズ
直径7僉濆21cm
品番
IT-005
在庫数
1個
販売価格
50,000円(税込54,000円)
購入数

この商品に関するお問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

このページの先頭に戻る