器と切子ガラスのお店「結」
京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1
店舗のご紹介

美濃御深井向付(丁子)

17世紀後半から18世紀にかけて盛行した灰釉、それに長石を加えて透明度を高めた釉を御深井釉(おふけいゆう)と言います。

型打ちや貼付文などを用いた生地に御深井釉をかけています。品のいい形と色合い。ところどころにある釉薬のたまりも綺麗です。

裏に足がついているので持ちやすいです。

お時間いただければ追加注文も承ります。
作家
安洞雅彦
商品サイズ
タテ14cm×ヨコ20cm×高4cm
品番
AM_2_c
在庫数
1個
販売価格
5,000円(税込5,400円)
購入数

この商品に関するお問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

このページの先頭に戻る